Twitterで友達になりましょう!!

サラリーマン観、恋愛観、人生観を投稿していきます!
フォローお願いします!

アカウントはこちら

社会人3年目にして、鬱病窓際社員になりました。

社会人 鬱病窓際日記

はい、でぃめです!

 

気づけば、もう10月で1年あっという間ですね!

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

でぃめ
でぃめ

各々楽しく過ごせていただら嬉しく思います!

 

さて、

ご報告があります。

 

 

ついに、私でぃめは、

 

 

うつ病(適応障害)で休職しました!

 

 

「なぜ!?」

って思う方もいらっしゃるかもしれませんので、

 

今回は、

 

・なぜ窓際族の切り札である「うつ病カード」を切ったのか

・今後の展望

 

の2点についてお話ししていこうかと思います。

 

なぜ鬱病カードを切ったのか?!

理由は2つあります。それは、

 

・課の人員が減って、その分の仕事が回ってきた

・社会人3年目ということで社内の重役から割と重めの仕事が降ってきた

 

ということです。

 

要するに約1年半に渡る平和の砦に、侵略者が現れ崩壊しかけているというのが理由です。

 

 

※窓際族になった時の話はこちらから!

 

 

約1年半にも渡り在宅窓際族を続けてきた弊害もあり(※1日の平均仕事時間0〜10分程度)、

 

いざ少しは仕事をしようと思っても、

体と心が全く受け付け無くなっておりました。笑

 

そこで平和の砦を再建しようと思い、考えた解決策は二つです。

 

①無能ぶって仕事を振られないようにする

②あながち適応障害も間違いではないので休職して逃げる

 

①の無能振る作戦は皆さまご存知の通り、

師匠であるエリ窓さんが考案した手法です。

 

しかし、私の場合、

ただでさえ幾つもの仕事を断ってきたり、クソ生意気な態度を取ったりしてきたので、

 

・今降りかかってきている仕事を無能ぶってしまうと更に上司をイラつかせ、

生意気心を改心させようと営業とかに飛ばされる危険性がある(※過去に弊部署で事例あり)

・査定は確実に落ちるので年収が大きく下がる

 

と今回ばかりはデメリットが多いなと思い、

②の鬱病作戦を決行することに決めました。

 

また②の鬱病作戦は①を凌駕するメリットが3つあります。

 

今までの問題行動に全て整合性がつく

まず一つ目としては、

今までの問題行動に全て整合性がつく

ということです。

 

私は今まで様々な奇行に走ってきました。

(仕事を「希望は嫌です」と暗に断る、ボイレコをチラつかせる、会議中にお局に割とデカ目の声で威圧する、メールで長文でぶちぎれる等)

 

中には懲戒に当てられてもおかしく無い問題行動です。。(反省!)

 

ただし、

 

これらは全て鬱病によるものでした

 

とすれば、

 

過去の奇行・愚行は全て論理的に精算され、

 

むしろそれの対処に遅れた企業側の責任となってしまうので、

私が優位に立てるという唯一無二の大きなメリットがあるのです。

 

※下記は社員に問題行動があった場合は、

企業側はまず精神疾患を疑い休職を促さないといけないことがよく分かる判例です。

 

自分の希望する部署に行きやすい

2つ目のメリットとしては、

自分の希望する部署に行きやすい

ということです。

 

鬱病で休職した場合、

ジャパニーズシンキングだと、

復帰した際に周りから腫れ物のように扱われると思われがちですが、

 

実はこれは全く違い、

 

大企業の場合はかなり丁重に扱われます!

 

これはもうすでに実例がありまして、

社内の窓際フレンドの兄貴が既にこの鬱病休職作戦の切り札を実践しているのですが、

 

兄貴の場合は切り札を使った結果、

 

・社内の産業医面談により業務量を強制的に減らされる

・定期的に産業医との面談で大丈夫かどうかの近況報告

・激務部署から真の窓際部署に異動

 

という対処を実際に受けたらしいです。

 

前例があるので、

私もおそらくこのような対処になるかとは思いますが、

 

なぜこのような対処になるかというのは、

マクロ視点で考えてみれば当然のことで、

 

企業側からすればまず鬱病患者を野放しにしておくのは確実にリスクであり、

 

例えば野放しにした結果、

disブランディングをSNSに拡散されてしまったり、自殺されてしまったりしては、

企業ブランドのイメージ低下に繋がり兼ねません。(ex.電通自殺事件)

 

また、

 

「それじゃあ自殺する前に能力不足で解雇しよう!」

 

とするには、

まだ全然解雇するための材料が足りなく、

 

能力不足の十分な客観的事実、及び、精神疾患への手厚いサポートが必要なのは勿論のこと、

社員への改善施策も必要なのです。

 

つまり、企業側の鬱病社員への然るべき改善施策の具体案としては、

 

適応障害になっている=今の部署がとりあえず不適切で能力が発揮できていない可能性があると鑑みて、

まず鬱病社員を適切な部署に異動させて改善の機会を与えなければならないとなる訳です。

※部署異動ではない場合は、現部署で本人にあった適切な仕事を振る(=責任の大きな仕事は任せない&仕事量を減らす)の施策になるかと予想されます。

 

あと豆知識でありますが、

ジョブローテーション等の改善機会を与えた後もどうしようもない無能だったと判明しても、

なかなかクビにできないのがこの日本です。

 

※参考

 

でぃめ
でぃめ

過去の判例は参考になるンゴねえ。

ここまでは大丈夫というのがよく分かる!

 

年収の減少が小さい

三つ目のメリットとしては、

鬱病休職作戦の方が年収の減少が小さい

ということです。

 

先ほどお話ししました通り、

無能作戦だと今の部署にいる限りはずっと査定が下がる=年収が長期間下がってしまいますが、

 

鬱病作戦を使った場合、

 

・今の部署に居座る場合→負担の大きな仕事は正当な理由で断ることができ、鬱病社員でも熟せるような負担の小さい窓際タスクのみが与えられ甘めに査定されるので、並の給料が貰える

・窓際部署に異動した場合→そもそも仕事量が少ないので最低限のやることやってれば並の給料が貰える

 

となるので、

 

鬱病である期間の1ヶ月分の短期的な給料の減少を許容できれば、

そんなに気になるほど年収は減りません。

 

また私傷病手当で給料の2/3+会社独自の手当ても貰えるので、

飲みにいかず家で自炊してれば、痛くも痒くもないでしょう。

 

今後の展望

以上の理由で、私は「鬱病休職」という切り札を切りました。

 

余談ですが、

 

私の在宅窓際族のイメージが強すぎて、

 

「でぃめの所属している部署は元々楽なのではないか?」

 

と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、

 

実は、

 

私が所属しているマーケの部署は、

弊社の中でも意識高い系の社畜戦士が集まる超激務部署なのです。笑

 

まあ、超意識高い生粋の社畜が溢れているからこそ、

属性の違う私が浮いた存在になり窓際できてたというのはありますが、

 

異動やらで体制も変わり、

3年目になり、

 

そろそろ難しくなってきて頃合いだなという訳で、

 

自分の属性に合っているであろう適切な部署に行きたくなった

というのもこの作戦を決行した理由の一つです。

 

今後の展望としては、

 

・窓際兄貴がいる真の窓際部署に異動する

 

 

・興味のある仕事の部署に行く(アフィorWEB開発)

 

かの二択で非常に迷っております。(どちらも叶わない可能性の方が高いですがw)

 

興味のある仕事したところで想像とは違って、

どうせ労働に絶望するのであろうと99%は期待しておりませんが、

 

逆に言えば、

ほんの少し1%だけ、

 

「アフィとかの仕事ならもしかしたら楽しいのではないか?」

 

とお恥ずかしながら若干期待しております。

 

現在の部署はまだ新卒入社して一つ目の部署ですし、

頭の悪い文カスに囲まれながら、興味のない仕事をしていたので、

そこが自分にとってチンカスすぎただけの可能性もまだ否めませんし。

 

でぃめ
でぃめ

内定した時は”エンジニア職”だったのよね。

面接の時に「ナンパ」のエピソードしすぎて陽キャかと勘違いされたのが要因。

でも実際はどインキャ !

体育会系の頭悪い大企業病オッサンの文化と合うわけがない!

 

 

まだ20代半ばと若く時間はあるんで、

 

早速窓際部署に行ってアーリーリタイアするよりかは、

 

一回アフィとかの部署挟んで、

それでも労働に絶望したらまた再度休職して真の窓際部署に行けばいいのではないかな

 

と今のところは考えております。

 

一つだけ言えるのは、

 

リモートしながら副業で稼ぐという今のスタイルが自分にめっちゃ合っているので、

独立はせず会社にパラサイトしたいという気持ちは今のところ変わりません。

 

 

 

でぃめ
でぃめ

フルリモート無くなったらフルリモートの会社に転職!!

フルリモートがある限りワイは社畜の身分!

 

とはいえ何があるかは分からないですので、

いつでも会社辞めても大丈夫な無敵のスキルは、

引き続き日々磨いていきたいなと思っております。

 

 

また、進展ありましたら、

ブログの記事にしたいと思います。

 

あ!

 

最後に告知ですが、

 

最近面白いアイディア浮かんだので、

諸々落ち着いたら、

youtube再開しよっかなと思っているので楽しみにしておいてください!

(やるやる詐欺になったらすみません)

コメント

タイトルとURLをコピーしました