Twitterで友達になりましょう!!

サラリーマン観、恋愛観、人生観を投稿していきます!
フォローお願いします!

アカウントはこちら

【でぃめレッスン】SNSの正しい活用方法・向き合い方

SNS 活用方法人生観
でぃめ
でぃめ

はい、でぃめです!

 

ついに緊急事態宣言が明けましたが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

コロナの感染者数が減り、

出社になるかもしれないというのは嫌ですが、

やっぱお店で飲む酒は美味しいですよね。笑

 

さて、今回は、

SNSの正しい活用方法・向き合い方

というちょっと堅苦しいお話をしようかなと思います。

 

今はyoutube,instagram,twitter,tiktok等様々な媒体が増え、

ビジネスや趣味でやっている方が多いと思いますが、

 

正しく活用できてないと、

それがストレスになってしまうケースも多いんですよね。

 

私はinstagram以外は漏れなくほぼフル活用し、

正しく活用できずストレスになった経験もあるので、

今回はSNS発信者に向けてその辺もお話しできたらなと思います。

 

フォロワー数1000人ちょっとで語るな?!

 

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

私は下記のようにアカウントを運用&経験しているので、

普通の人よりかは?説得力もある内容かと思います。

※詳細は伏せます。

 

アカウント目的フォロワー数
A金稼ぎ8000
B金稼ぎ2400
C(bot運用)金稼ぎ2000
でぃめtwitter趣味1300
でぃめチャンネル(垢BAN)趣味のはずだった2500

 

でぃめ
でぃめ

どれも突き抜けてないけどバランスよく運用できてるのが、

私の味な気がしますw

 

現代版SNSの正しい活用方法・向き合い方

まず自論として一番に思うことは、

趣味として使うSNSと金稼ぎで使うSNSは完全に分けたほうが良い!

という話です。

 

ここが明確ではなくて、

 

割り切ってマネタイズできてなかったりとか、

不必要にストレスが溜まってしまったりとか、

 

している方(※自分もそうだった)が割と散見されます。

 

どういうことだかそれぞれご説明しますね。

 

趣味として使うSNSの場合

私が思うに趣味として使うSNSが本来のSNSの正しい活用方法であると思います。

 

twitterも2011年ぐらいから私はやっておりますが、

最初はそのような空気感があったなと思います。

 

それが最近は、

インフルエンサーの台等やネットビジネスの販売ツールの多様化で変わってきてはおりますが、

 

気色の悪い言葉で言えば、

インターネットを使って自分と気の合う友達を作る

のが本来のSNSの活用方法です。

 

実世界の方がいいだろ!!

 

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

それは古い先入観であり、

実世界の方が気の合う友人は作りにくいのが事実です。

 

実世界で出会う人というのは母数が小さい中でランダム要素が大きく、

様々な性格・思考を持つケースが多いですが、

 

それに対して、

SNSの場合は自分の発言に賛同する人がフォローしてくれるので、

似たような思考の人の中から友人を選ぶと考えると、

実世界よりはかなり気の合うフレンズは作りやすいのではないかな?と私は考えております。

 

でぃめ
でぃめ

SNSで友達作りは効率的!

まあ実際に会わないにせよ、リアル世界にはいない窓際戦士が多いので、

和気あいあいtwitterするのは楽しいですね。

 

ただ最近思ったのは、

お金儲けのために変にマーケ拘って、

変にアカウントを伸ばしすぎると変なのにフォローされてしまいそれがストレスになる

とリスクです。

 

趣味として使うSNSの場合のリスク

元々趣味で運用しているアカウントの場合、

 

自分が発信している内容は

自分の本心や生き様を投影しているケース

がほとんどであるかと思います。

 

この本心や生き様のジャンルのパイでフォロワーを集めれて自然な形でマネタイズできたら言うことないのですが、

 

金や権力欲しさにフォロワー集めに躍起になると、

違うジャンルのパイの獲得も必要とはなってきます。

 

すると必ずやってくるのが、

アンチ

です。

 

例えば趣味や自分の生き様の投影でマーケットAで発信していたものの、

フォロワーの伸びが鈍化したので自分の興味のないマーケットBにも進出した場合、

 

どんなに精査したとしても、

マーケットAもBも興味のある人って言う人は少ないものです。

 

そして必ず、

 

Aに関しての発言は好きだけど、Bに関しての発言はめっちゃ嫌い

逆も然り、

Bに関しての発言は好きだけど、Aに関しての発言はめっちゃ嫌い

 

という人も現れてくるわけです。

 

注意すべきは後者の、

「Bに関しての発言は好きだけど、Aに関しての発言はめっちゃ嫌い」

のパターンです。

 

この場合、あなたの趣味・生き様であったAジャンルの発言を頑なに否定してくるということです。

 

アンチは無視すれば大丈夫やろ!

 

と思うかもしれませんが、

 

自分の生き様を否定されるというストレスは半端ないものです。

 

そして、

アンチにも段階はありますが、

 

仮にブロックしても何度も垢転生してきたり、

特定してきたりする強烈な頭のおかしいアンチだった場合、

 

それも更に、フォロワーの規模が増えて、上記のような強烈なアンチが増えすぎてしまった場合、

趣味として始めてたはずなのに多大なるストレスを被ってしまうことになります。

 

有名人がよく誹謗中傷で自殺するのは我々一般ピーポーが想像もできないストレスであったに違いありません。

(マスメディアレベルともなると様々な層にリーチするので避けられようがないですよね笑)

 

 

でぃめ
でぃめ

私もこの考え方ですw

それに耐え得る人だったらいいかと思いますが、

私のような一般人は厳しいかなと思います。

 

また、

「Bに関しての発言は好きだけど、Aに関しての発言はめっちゃ嫌い」

のパターンの場合は非常に厄介で、

 

強烈なアンチにならずともチャンネル・SNSの運用方針に指図してくる一見善人風アンチ

 

が数多く現れてきます。

 

例えばこのような発言・行動が該当されます。

・いつも動画ありがとうございます。〇〇の動画の方がもっと面白いのでやってほしいです!
・こういう動画はいかがでしょうか?
・〇〇のツイートもっとお願いします!
・ジャンルAよりもジャンルBの方が高評価率が高い

 

でぃめ
でぃめ

結構見られますよね!

 

強烈なアンチではない善人から求められたばかりに、

 

「まあいいだろ!ファンのためなら!」

 

とこれに従ってしまうと、

 

結局アカウントの方向性を見失ってしまう、

いわば“ネットのおもちゃ”と化してしまう危険性があるわけです。

 

代表例でいくと、

ワンツーイヤホイ、ミッツチャンネルです。

 

 

 

就活での奇行の盗撮で集客して、知名度を上げ、おそらくそこから普通の動画を上げて稼いでいくつもりだったと思いますが、

彼は真面目で最初は面白半分の趣味で始めてしまったばかりに、

悪いファンのコメントの期待に応えるがために”ジャンルB”に手出して逮捕されてしまいました。

 

チャンネルの方向性&自分を見失って、悪い方向に進み、

“ネットのおもちゃ”になってしまった代表例はまさにこれだと思います。

 

また、私も彼ほど大規模ではありませんが、

かつてやっていた「でぃめチャンネル」はまさにそれでした。

 

最初はステハゲさんに憧れて、SNS初心者の状態で、

 

「趣味で自分の発信したい内容を発信する!」

 

でyoutubeを思いつきで始めましたが、

 

知名度と人気の欲しさに、

いつの間にか視聴者の求めるジャンルB=ナンパに参入し、

自分では気づかないまま視聴者の言いなりになってしまい彼女や友達に迷惑かけたりもしました。

(かなり調子乗ってたw)

 

まあチャンネルBANになったので今となっては良かったですが、

あのまま暴徒化していたらミッツチャンネルのようになっていたのかなとは思います。

 

それと、

趣味で始めたものの途中でジャンルBに参入して視聴者のネットのおもちゃ化した場合のデメリットして、マネタイズもかなり難しくなります。

 

なぜなら視聴者の立場の方が優勢になってしまうので有料化すると「こいつ生意気だな?」であまりCVしなかったり、

こちら側が変に友情意識が芽生え、価値ある情報でも安い金額で提供したりしてしまうからです。

 

最初に申しましたとおり、

 

この本心や生き様のジャンルのパイでフォロワーを集めれて自然な形でマネタイズできたら言うことないのですが、

 

これができない場合は、趣味で利用する場合はあくまでSNS元来の、

インターネットを使って自分と気の合う友達を作る

を目的にして、

 

変にマネタイズを考えない方が良いのではないかという結論に私は至りました。

 

それを体現しているのがこのでぃめ垢です。

(呟きたいことをツイートとブログの記事にしかしてません!)

 

窓際はネットのおもちゃになりやすい存在なので常に注意はしております笑

 

マネタイズとして使うSNSの場合

でぃめ
でぃめ

長くなってしまいましたね!

趣味で使う場合でなんとなく察した方も多いかと思いますので、
こちらは手短にご説明します。

 

マネタイズとしてSNSを活用するときにマストなのは、

上流工程を最初にガッチリ固め第三者視点で運用する

ということです。

 

つまり、

 

「どういうマーケットをどういうキャラで攻めるか?」

「どうやってマネタイズするか?」

「具体的になんのコンテンツを投下していくのか?」

 

の認知・集客・コンバージョンあたりを最初の段階でしっかり決めておくということです。

 

趣味でやるのと異なる点は、

利益を最大化するために自分が好きなことを追求するよりも、

儲かるジャンルで儲かるキャラでいくべきだということです。

(ファンと仲良くなろうとかいう考えはいけません。CVR上げるために運営上仲良くするのはありです。)

 

個人的に初期にSNS運用で失敗したときは、

この上流工程をしっかり落とし込まず、

 

でぃめ
でぃめ

好きなことやって、適当に面白い企画やって知名度つけば儲かるやろ!

 

と浅はかな適当に運用していたからなのですが、

 

これだと先ほども書き記した通り、

 

方針がぶれたり、無駄にストレス溜まったり、マネタイズしにくくなったりと、

ただ時間を浪費してしまうだけとなってしまいます。

 

色々と経験していくうちに、

 

やはりマネタイズのためなら、

他のビジネスと同様に細かく設計をしなければならないんだなと最近痛感しております。

 

でぃめ
でぃめ

アフィリエイトと同じ要領でやったら色々上手くいくようになりました。

SNS運用も他ビジネスと根幹は同じなのです。

手軽でできるがあまりに趣味と混同してしまいがちですが、それでは上手く行きません。(それで上手くいっている人もいますがただの天才です。)

 

上流をしっかりと固めていると不思議なもので、

 

自分が演者として運用していても冷静に価格設定して適切価格で商品を販売したり、

アンチがついても「まあこのジャンルだったらそうやろな」みたいな感じでノーストレスで流せます!

 

どうしても自分が演者orキャラとしてやるとうまくいかない方は、

 

・演者を他人に外注する

・botで運用する

 

というのもおすすめです。

 

まとめると自分が運用はしているんだけど他人事で運用するような感覚。

 

金のためなら時には一部のファンを裏切って利益率の高い販売できるルートに切り替えたりすることもありますし、フォロワーに友情意識があるとそういった英断ができません。

冷静に運営できる精神状態と思考状態を常に保っておくのは大切なのかなと個人的に思っております。

 

まとめ

以上が、【でぃめレッスン】SNSの正しい活用方法・向き合い方でした。

 

SNSは正しく活用すれば、

素敵な出会いがあり、携帯ぽちぽちするだけでお金も稼げて、非常に有益なツールであると思いますが、

 

間違って使えば、逮捕されたり、自分を見失ってしまったりする怖いツールであるなと思います。

 

窓際ながら偉そうに失礼しました!

何かの参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました